ポメラニアンと一緒に暮らす

とても飼いやすく、世界中で人気抜群の小型犬ポメラニアン。しかし子犬時代のしつけを間違ったりすると考えていた犬に成長してくれません。楽しい愛犬生活をするためにはポメラニアンの特徴や犬の飼い方の基本などをしっかりと身につけておきましょう。

ポメラニアンを迎える際のお部屋づくり

小さくて可愛らしいポメラニアンも、先祖は縄張りを持っていた犬なので、自分のテリトリーを守ろうとする意識はまだまだ抜けていません。そのため、広い家に住んでいる場合、全ての部屋を自分の縄張りにしようとする傾向があります。また、そうした場合は安全面にも問題が出てきます。子犬を迎える前に、ポメラニアンが入って良い場所とおウチを作ってあげて、全ての場所には入れないようにしましょう。

危険だらけのデンジャラスゾーン「キッチン」

当然のことですが、キッチンには入れないようにしましょう。包丁などの危険物をはじめ、犬が食べたら危険なねぎ・玉ねぎのカスなども落ちていることがあります。
また洗剤も危険です。台所は犬にとってとても危険なエリアだということを頭に入れておきましょう。台所にドアがない場合はペット専用のゲートを購入するのがおすすめです。

お部屋の工夫

上に乗れるソファや机などは他の部屋に置く

ソファや低めの椅子がある場合は、犬が入れない場所に移動しましょう。
ソファに犬を乗せている人をよく見かけますが、犬は高い位置にいると飼い主を見下すようになります。常に床を歩かせておくように気をつけましょう。

トイレはサークルの中で自然にできるように設置

最初のうちはトイレはサークルの中に入れることをおすすめします。トイレのしつけができていない状態でサークルの外にトイレを置いてもまずきちんとしてくれません。
最初はサークルの中いっぱいにトイレシートを敷き詰めて、絶対に失敗させない工夫をします。そして徐々にトイレの面積を小さくしていってトイレを覚えさせるのが一般的です。

フローリングは滑りやすいので犬用のマットがおすすめ

ポメラニアンなど犬の足の先はフローリングとの相性は悪く、とても滑りやすい形になっています。走り回ると足の関節や腰を痛めることがあるので、できれば犬用のカーペットを敷いてあげましょう。
いちばん便利なのは、ジョイント式になっていて部分的に洗えるタイプのカーペットです。そそうをしてしまってもその部分だけ取り外して洗えるので大変重宝します。

コードを出しておくと危険

コードがある場合は、必ず犬がかじれない場所に置いておきましょう。ポメラニアンだけでなく犬は必ずと言ってもいいほどコードをかじろうとします。コンセントから繋がっているコードをかじった場合には大変なことになります。絶対にコードは出しておかないようにしましょう。
コンセントをいたずらする犬もいるので、使用していないコンセントはカバーをつけるなどの防御をして、中に指を入れてしまわないように気をつけましょう。

ペットショップ選び

良いペットショップを見極めるのはなかなか難しい事ですが、最低限、店内を清潔にしていてお店のスタッフの対応が親切なお店を選ぶようにしましょう。できるだけたくさん話しかけ、子犬の健康状態など多くの情報を集めるようにするのが失敗しない秘訣でもあります。 買ってからすぐに死亡することも絶対にないと言い切れません。その際の補償もしっかりと聞いておくようにしましょう。

トリミングサロンを併用している場合

ポメラニアンは定期的なカットが必要な犬種なので、トリミングサロンを行っているペットショップであれば、買ってから様々なサービスを受けることができます。どのようなメリットがあるかもしっかりと聞いておきましょう。
ただ、トリミングを専門で行っているお店と比べるとオプションサービスやこだわりなどが少ないというのも事実です。トリミングルームを覗いてみたりトリマーに色々聞いたりして、こだわりや情熱を聞いてみるといいかもしれません。

近親の状態や病気などを把握しているか

また、ペットショップで売っているポメラニアンの場合、家族や兄弟を直接見ることが難しいというデメリットもあります。血統書は必ずチェックするようにし、近親などで大きな病気をしている犬がいないかどうかも聞くようにしましょう。この質問に答えてくれないペットショップは信用できるお店とはいえないかもしれません。

その子犬の状態についてすぐに答えが返ってくるか

ペットショップで全ての子犬をしっかりと管理して育てている場合には、それぞれの犬の特徴や性格、欠点などを把握しています。スタッフに聞いてすぐに答えが返ってきたらある程度信用しても良いかもしれませんね。 逆に、チンプンカンプンだったり曖昧だったりした場合には注意が必要です。
大きなお店によくあるのは、「頭数が多すぎて管理しきれていない」ことです。売って儲けることばかり考えるあまり犬の数にスタッフの数が追いついていないお店もあるのでよく観察してみましょう。

人懐こい子をみつけるには

生まれたばかりの犬は、その性格や体格はまだわかりませんが、だいたい2ヶ月近くになるとそれぞれの個性が出始め、同じ兄弟でも違いがでてきます。
元気で動きの良いポメラニアンなので、まずは活発でよく動く子を探すのが良いでしょう。また、人懐っこい子とそうでない子もいます。人懐っこいのが良いと言い切れる訳ではありませんが、比較的人間に抵抗を持っていない犬のほうが、育てるのは簡単と言われています。
人懐こいかどうかを見極めるには、実際に抱っこをするのがいちばんの方法です。そもそもこの時点で暴れるような子を欲しいと思うような飼い主はあまりいないかもしれませんが、最初の抱っこで顔を舐めてくるような子もいます。ペットショップやブリーダーで探す際には参考にしてみましょう。

みんなと遊んでいるときに注目

社交性は子犬時代の育ち方によるものが大部分を占めますが、持って生まれた性格が関係していることも否定できません。社交性があるポメラニアンかどうかを判断するには、他の子犬とどういう遊び方をしているかを見るのがいちばんです。
ペットショップであれば、遊びの時間に積極的に他の子とじゃれあっているか、おもちゃを優先したり他の子と一緒に遊んだりしているか、ひとりでぽつんと座っているかなどをチェックします。おもちゃを独り占めする子は独占欲が高い可能性がありますし、寂しそうにしている子は社交性がまだ未熟という事が考えられます。
いずれにせよ、ショップでどのように過ごしているかをしっかりと見極めるのが、その子の性格(その時点の)を見極めるコツといえるでしょう。

最初に買っておきたいグッズ

クレート

飼いはじめ当初はおうちも兼ねる「ハウス」です。最初はできるだけ恐怖心を少なくしてあげるためにこのようなケースで夜を過ごさせてあげるのがいいでしょう。
慣れてきてクレートの外でも安心できるようになったら、ドライブのお出かけの際にも重宝しますし、サークル内を掃除するときに一時的に避難させる場所としても使用できる便利なアイテムです。

サークル

人によって使用する方法は様々ですが、一般的には一日の多くを過ごすハウスとして使用します。家に来た当初は不安なのでサークルでは不安がって夜泣きしてしまいますが、家に慣れてきたらこの中で過ごす事になります。
サークル内にトイレシートを敷き詰めて「トイレ」として利用する事も可能です。トイレのしつけができていない最初の時期におすすめの方法です。

キャリーバッグ

小型犬のポメラニアンは、抱っこをして色々な場所に行くことが可能ですが、キャリーバッグがあるととても便利です。近くにトリミングサロンや動物病院がある場合、綺麗にカットやシャンプーをされた体で外にでますが、雨が降っていたりするとこのキャリーバッグがとても役立ちます。
車を持っていない人の場合は、犬と一緒にお出かけする事がどうしても少なくなりがちですが、キャリーバッグがあれば手軽に電車やバスでお出かけする事も可能になります。