ヨークシャテリアのお散歩準備

子犬を飼いはじめて予防接種や登録などが全て済んだらいよいよお散歩デビューの準備です。いきなり外へ出ても上手に歩く事はかなり難しいので、家にいる間にリードや首輪に慣らし、飼い主と一緒に散歩の練習をしておきましょう。

一週間位かけて首輪に慣らせる

はじめて体につける物なので、最初は抵抗する事が多くあります。じっくりと慣れてもらうようにしましょう。どうしても嫌がる場合は、「首輪をつけると良い事がある」と思わせるために、装着した後におやつをあげると効果的です。しかし最終的にはおやつなしでも首輪を嫌がらないようにするようにする事も忘れずに。

飼い主と一緒に歩ける練習

首輪と同時にリードを引いて歩く練習もします。飼い主のややうしろの位置で同じスピードでついていけるようになるまで歩きましょう。上手にできた場合はご褒美をあげると上達が早くなります。

リードをしている時は飼い主と一緒に

部屋でいつも自由に歩かせているヨークシャテリアでも、リードをつけている時は飼い主に従って歩くという事を覚えさせましょう。もし引っ張った場合は声を出して注意をするのではなく、知らんぷりをしてそれ以上先に行かせないようにします。そしてリードを緩めたら褒めてご褒美をあげると効果的です。

お散歩マナーを守って素敵なヨークシャテリアの飼い主に

「家のトイレが汚れるからオシッコをしに散歩に行こう」とか「トイレシートがもったいないから外でやらせよう」と考えている人はいらっしゃいませんか?
公共の場所で排泄をするのは、立派なマナー違反です。「公園で長時間遊んでいるとどうしても園内でやらせるしかないじゃないか」という意見もありますが、マナーの良い飼い主は、公園を散歩する時には車で排泄をさせてから園内に入るか、持参のトイレを広げてそこにさせるかなどの対処をしています。

公園で遊ぶ前に排泄を済ませよう

どんなマナーの良い飼い主であっても、ヨーキーなどの犬は突然ウンチやオシッコをしてしまう場合もありますね。そんな時のために外出の際にはペーパーとビニール袋を用意しておきます。ペーパーは、トイレに流せる物が望ましいです。ペットショップやインターネットで簡単に手に入るので、まとめて買っておきましょう。
ただし、ペーパーがあるからといっていつも公園や道路でウンチをさせてはいけません。公園に入る前や散歩の前に済ませる努力をする事はヨークシャテリアの飼い主としてのマナーです。

オシッコをしてしまった時の為に水を常備しよう

オシッコをして満足げに何もしないで去っていくマナーの悪い飼い主を見かけた事はありませんか?人としても恥ずかしいですし、そのような飼い主がいるから日本ではペットを取り巻く環境が良くならないという考えもあります。オシッコをした場合は必ず上から水をかけて洗い流すようにしましょう。そのためには、外出時に水を持参する事が必要になります。現代ではペットボトルという便利な物があるので、それを利用しましょう。

ロック型のロングリードを道路の散歩で使うのは危険

伸び縮みが自在に調節できるロングリードが市販されていて誰でも簡単に手に入れる事ができます。広い公園でのびのび遊ばせてあげるのには効果的ですが、散歩の際には注意が必要です。
リードが長い状態で狭い道路で散歩するという行為は絶対にやめましょう。長く伸びたリードで散歩している飼い主は「リードしてるんだぞ」と大きな顔をしていますが、これはノーリードと大して変わりません。犬が嫌いな人に迷惑がかかるのはもちろん、犬同士のトラブルの原因ともなります。
もしその子が男の子だった場合はマウンティングをしないとも限りません。
散歩をする際は、飼い主が自分の犬をコントロールしなければなりませんが、ロングリードでは不可能です。道路では短く持って散歩するようにしましょう。

公園でのお散歩

とっても可愛らしい小型犬のヨーキーは、公園で歩いているだけでもみんなからの注目の的です。トリミングサロンなどでしっかりとカットして可愛いお洋服を着て出かけましょう♪
公園内で排泄をする方が多くいらっしゃいますが、基本的にこれはマナー違反なので気をつけてください。男の子の場合はマーキングをしてしまうので、しっかりとしつけをしてから公園デビューしてくださいね。
マウンティング癖がある子も注意が必要です。他の犬の迷惑にならないように悪い癖は一通り克服してからでないと楽しく公園で遊べません。しっかりとお家でしつけをしましょう。

夏の暑い日は夕方から夜にかけて

晴れている日は公園で散歩するのがとても楽しいものです。しかし、晴れて暑い日は公園の地面はかなり高い温度になるので犬にとっては熱中症の危険性が高くなる場所でもあります。暑い日は涼しくなる夕方まで待ってから公園に行くようにしましょう。
涼しくなっても熱中症を防ぐために水を持って出かける事は忘れずに。

もしも公園で排尿をしてしまったら

基本的に公園でオシッコやウンチをするのは良くありませんが、どうしてもしてしまう場合もあります。オシッコをしてしまった場合は水をかけてよく洗い流します。ウンチは、あらかじめトイレットペーパーとビニール袋を用意しておき、ティッシュでつかんで包み込んでビニールの中に入れて持ち帰ります。市販のマナー袋を使うと楽で便利です。