前のページ

ポメラニアンを選ぶコツ!

良いペットショップを見極めるのはなかなか難しい事ですが、最低限、店内を清潔にしていてお店のスタッフの対応が親切なお店を選ぶようにしましょう。できるだけたくさん話しかけ、子犬の健康状態など多くの情報を集めるようにするのが失敗しない秘訣でもあります。 買ってからすぐに死亡することも絶対にないと言い切れません。その際の補償もしっかりと聞いておくようにしましょう。

トリミングサロンを併用している場合

ポメラニアンは定期的なカットが必要な犬種なので、トリミングサロンを行っているペットショップであれば、買ってから様々なサービスを受けることができます。どのようなメリットがあるかもしっかりと聞いておきましょう。
ただ、トリミングを専門で行っているお店と比べるとオプションサービスやこだわりなどが少ないというのも事実です。トリミングルームを覗いてみたりトリマーに色々聞いたりして、こだわりや情熱を聞いてみるといいかもしれません。

近親の状態や病気などを把握しているか

また、ペットショップで売っているポメラニアンの場合、家族や兄弟を直接見ることが難しいというデメリットもあります。血統書は必ずチェックするようにし、近親などで大きな病気をしている犬がいないかどうかも聞くようにしましょう。この質問に答えてくれないペットショップは信用できるお店とはいえないかもしれません。

その子犬の状態についてすぐに答えが返ってくるか

ペットショップで全ての子犬をしっかりと管理して育てている場合には、それぞれの犬の特徴や性格、欠点などを把握しています。スタッフに聞いてすぐに答えが返ってきたらある程度信用しても良いかもしれませんね。 逆に、チンプンカンプンだったり曖昧だったりした場合には注意が必要です。
大きなお店によくあるのは、「頭数が多すぎて管理しきれていない」ことです。売って儲けることばかり考えるあまり犬の数にスタッフの数が追いついていないお店もあるのでよく観察してみましょう。

人懐こい子をみつけるには

生まれたばかりの犬は、その性格や体格はまだわかりませんが、だいたい2ヶ月近くになるとそれぞれの個性が出始め、同じ兄弟でも違いがでてきます。
元気で動きの良いポメラニアンなので、まずは活発でよく動く子を探すのが良いでしょう。また、人懐っこい子とそうでない子もいます。人懐っこいのが良いと言い切れる訳ではありませんが、比較的人間に抵抗を持っていない犬のほうが、育てるのは簡単と言われています。
人懐こいかどうかを見極めるには、実際に抱っこをするのがいちばんの方法です。そもそもこの時点で暴れるような子を欲しいと思うような飼い主はあまりいないかもしれませんが、最初の抱っこで顔を舐めてくるような子もいます。ペットショップやブリーダーで探す際には参考にしてみましょう。

みんなと遊んでいるときに注目

社交性は子犬時代の育ち方によるものが大部分を占めますが、持って生まれた性格が関係していることも否定できません。社交性があるポメラニアンかどうかを判断するには、他の子犬とどういう遊び方をしているかを見るのがいちばんです。
ペットショップであれば、遊びの時間に積極的に他の子とじゃれあっているか、おもちゃを優先したり他の子と一緒に遊んだりしているか、ひとりでぽつんと座っているかなどをチェックします。おもちゃを独り占めする子は独占欲が高い可能性がありますし、寂しそうにしている子は社交性がまだ未熟という事が考えられます。
いずれにせよ、ショップでどのように過ごしているかをしっかりと見極めるのが、その子の性格(その時点の)を見極めるコツといえるでしょう。