前のページ

やんちゃな性格のミニチュアシュナウザー

男の子の場合、ドッグランなどで自由に遊ばせていると、じゃれ合いがエスカレートしてしまって喧嘩をしたり、備え付けのベンチに飛び乗ったり飛び降りたりして怪我をする事があります。怪我の程度によってはすぐに処置をしないと危険な場合もあるので油断はできません。

大型犬にも立ち向かう気質のシュナウザー

ドッグランにはいろいろな犬がいます。なかには大型犬であるにも関わらず好き放題に放置している飼い主もいます。ミニチュアシュナウザーは好奇心が旺盛で気も強いタイプの子が多いので、大型犬相手でも勇敢に立ち向かってしまいます。それが原因で怪我や骨折をする事も少なくありません。
骨折でなければ出血の程度によって緊急度も変わりますが、歩き方が変になってしまった場合は骨の異常や骨折が疑われます。すぐに動物病院に連れて行ってください。

足をカットしないように注意を

切り傷による怪我の原因は他にもたくさんあります。公園などの下が芝生になっている場所に尖っている物が落ちていてそれを踏みつけて足をカットしたり、釘などの金属の尖った物を踏んでしまう場合などです。

それ以外にも、木の枝や刺が体に刺さったりすることもあります。動きが多くてやんちゃなミニチュアシュナウザーなので、公園ではそのような物で足をカットしないように気を配っておきましょう。