前のページ

シーズーのお手入れ

皮膚の病気が多いシーズーシーズーは比較的皮膚に疾患が現れやすい犬種です。シーズーを飼うなら手入れを念入りにする覚悟が必要です。また、白内障などの目の病気も遺伝的に起こる場合があるので日頃の注意が必要です。
また、毛が伸び続けるタイプなので定期的にカットをする必要があります。定期的にトリミングサロン等でシャンプーやカットをするのが一般的ですが、家でシャンプーをする場合は目の病気を防止するために頭部の毛をゴムバンドなどで止めておくと良いでしょう。

シーズーの過去

歴史のあるシーズーチベットの寺院から中国の宮廷へ皇帝への貢物として俗界に下ったシーズーは、上流階級をはじめ多くの人々に愛されつつ繁殖が進められました。
活気にあふれて人なつっこいなかにも一種の尊大さを感じる犬でもあります。

シーズーの特徴

くまっぽい体のシーズーペキン・ケンネル・クラブで公認されていたシーズーの犬種標準書には「頭部はライオン、ボディはクマ、足はラクダ、尾は羽ぼうき、耳はヤシの葉、歯は米粒、舌は真珠のような花弁、動き方は金魚」とされていました。
主に中国の王室で繁殖されましたが、もともとはチベット犬と今日のペキニーズの祖先との交配で作りだされたといわれています。
ペキニーズと親戚関係があるとも思われていますが、正確なところは不明です。