トリマーshimaのトイプードルカット講座【第3回】

綺麗にカットされたトイプードルの足

今の時期空気が乾燥していて、お散歩に行くと静電気などで道路の汚れを吸い取り足先が真っ黒になりやすいです。
足先のお手入れが簡単なスタイルは足先にバリカンを入れるスタイルです。

足先の部分をミリ数の短いバリカンで剃ります。
ドッグショーのプードル達がやっているので「プードルの足」なんて言っても通じるかもしれませんね。
この足先バリカンをする時どんなメリットデメリットが考えられますか?

メリット

  • 汚れにくい
  • 洗いやすい お手入れしやすい
  • 通気が良くなる

デメリット

  • 見た目の好き嫌いがある
  • バリカンで怪我させるリスクが高まる
  • 足先は敏感なところなので犬が嫌がる
  • 足先が冷えやすくなる

メリットであげられている汚れにくく、汚れてもお手入れしやすく洗いやすいは飼い主さんにとってのメリットになりますね。
その子と毎日一緒に暮らす飼い主さんが希望するのであればおすすめです。

しかしデメリットであげたとこもきちんと飼い主さんにご説明が必要です。
見た目に関しては、言葉だけでの説明では想像がつかない方もいらっしゃると思いますので、写真を用意して提示してあげるのが良いでしょう。

足元カット前とカット後

飼い主さんとの想像のギャップを埋めるためにも、丁寧なカウンセリングは必須です。
また、足先バリカンは繊細で細かい作業になります。足先が小さな子は特にバリカン負けや怪我をさせやすい部分です。さらに皮膚が悪い子は注意が必要です。

そして足先はもともとわんちゃんが触って欲しくない部分のひとつです。なぜなら肉球は犬にとって触覚器官としての重要な役割を果たす敏感なところだからです。

毛細血管が集中してあり痛みや熱さなども感じやすい部位です。もともと触って欲しくない場所なのに、足先バリカンをするときには必然的に触らなければいけませんし、犬にとってはよくわからない機械(バリカン)を当てられるわけです。

足先を触られるのが特に嫌である、トラウマがある子にはおすすめできません。まずは足先を触っても大丈夫になるトレーニングが先です。

また特に初めて足先バリカンをする子は冷えに注意してあげてください。今まで毛があって保温されていたのに、それが急になくなるのです。
地域や気候にもよると思いますが、急な変化に気を付けることを飼い主さんにお伝えしましょう。毛が短くなることでチクチクして気にして舐めてしまう子もいます。
終わった後の様子などもフォローして飼い主さまに伝えるのも良いでしょう。

どうしても見た目が、、という場合には隠すスタイルも人気です。さまざまな提案をしてあげると飼い主さんも喜ばれると思います。

shimaプロフィール

shima動物病院、また都内トリミングサロンにてトリマーとして勤務したのち独立・起業。
都内でトリミングサロンを運営、奮闘中。
shimaの記事一覧

レビュー・口コミは承認後反映されます。

レビュー・口コミを書く
1
2
3
4
5
送信
     
キャンセル

レビューを書く

お手入れしやすい足先のスタイル
平均評価:  
 0 レビュー