長い鼻と甘えん坊なところが魅力の超人気小型犬。毛はある程度まで伸びたら抜けるのでドッグショーに出るタイプではありません。カットに関しては自分で行っている人もたくさんおり、必ずしもトリミングサロンを必要としないのでお金もそれほどかかりません。

ミニチュアダックスフンドカットギャラリー

人気スタイルピックアップ

スムースダックス風サマーカット

ミニチュアダックスフンドは意外にも毛がかなり抜ける犬種です。実際に飼ってみて初めて知ったオーナー様も多いのではないでしょうか。

抜け毛予防の為に日々のブラッシングは欠かせません。ミニチュアダックスフンドは基本的に毛がどんどん伸びてしまうということはありませんが、ブラッシングを放置してしまうと、抜け切れなかった抜け毛が毛玉になってしまったり、そこから皮膚炎を起こしてしまったりとワンちゃんにとって悪影響が多くなってしまいます。

毎日のブラッシングを嫌がらずにお家でさせてくれるワンちゃんであれば良いのですが、お家だとなかなか嫌がってしまう子も中にはいます。そんな子には全身カットもおすすめです。
本来、ミニチュアダックスフンドはカットを必要としない犬種ですが、全身短めのバリカンをかけるカットスタイルも人気です。
その見た目から、スムースダックス風カットと呼ばれる事が多いようです。

上の写真のショコラちゃんは、全身短めのバリカンをかけてカットしています。ダックスは手足が短いので、バリカンをかけるときは脇などに怪我をさせないように注意することが必要です。
顔や足先の方はバリカンをかけることができないので、体と顔、手足の境目部分は梳きバサミで馴染ませます。ブラックのワンちゃんであれば馴染みやすいのですが、レットやゴールド、クリームなどの明るい毛色の子は馴染ませるのが少々難しいので細かくハサミを動かすことが綺麗に仕上げるポイントとなります。

写真のショコラちゃんは耳にもバリカンをかけていますが、耳はそこまで大量に毛が抜けることがないので、オーナー様の見た目の好みに従って仕上げていきます。
耳バリカンをかける際は、ボディ同様に細心の注意を払いましょう。

スムース風カットには抜け毛予防という効果もありますが、夏の暑い時期に涼しく過ごせるという利点もあります。
冬の寒い時期にこちらのカットスタイルにすると、寒さを感じてしまうワンちゃんも多いので、洋服を着せたりして寒さ対策を行う必要があります。

ワイヤーダックスのふんわりカット

お洒落に変身したダックス

上の写真のみーちゃんはワイヤーダックスという種類で、よく街で見かけるロングヘアードとは少し違います。ワイヤーダックスはテリアが交配された犬種であるため、ボディと顔のカットが必要となります。

ワイヤー以外のダックスフンドは顔の毛が伸びることは無いので、顔カットを必要とはしません。一般的にシュナウザーのようにカットすることが多いワイヤーヘアードですが、丸っぽく可愛い雰囲気にすることも可能です。

みーちゃんも、テリアの雰囲気を出すのではなく、どちらかというとテディベアのように仕上げられています。
テリアのようにする場合は頭頂部や耳にバリカンをかけますが、テディベア風にする場合は、バリカンをかけずに毛を残しておきます。
そして、頭は真正面から見て丸くなるようにハサミで仕上げていきます。お耳もふんわりと残してあげた方が可愛いらしい雰囲気になります。

テリアは真正面から見て顔が長方形になるようにしていきますが、テディベアのようにする場合は、なるべく丸くなるようにしていきます。
マズルの毛も縦長にするのではなく出来る限り丸に近付けます。元々、ダックスは顔が長い犬種なので完璧なテディベアに仕上げることは不可能です。
丸く仕上げることが難しい犬種をテディベアカットのように丸く仕上げる時は、何度かコームを入れ、少しずつ微調整するように角を落としていきます。スキバサミと仕上げバサミを交互に使って調整しても良いでしょう。

ドッグショーなどに出場する場合、ボディにプラッキングを施す必要がありますが、それ以外は、ハサミかバリカンで施術してあげることがほとんどです。
バリカンをかけるとスッキリした雰囲気となりますが、みーちゃんのようにふんわりと仕上げるのも、お顔の雰囲気とマッチしていてとても可愛らしい仕上がりになりますね。

ミニチュアダックスフンド豆知識

ダックスフンドはそのサイズや毛質によってさまざまな組み合わせがあり、性格も毛色や毛質で様々です。日本で飼われている人気犬種ランキングで上位常連の犬種は、実はとても奥が深いのです。

病気に関してはそれほど多くない健康タイプでもありますが、胴が長いので椎間板ヘルニアになりやすい特徴があります。階段の上り下りやソファに飛び乗ったりするのを日常化させていると、シニアになってから急に腰を痛がる事があります。小さい頃から気をつけておきましょう。

原産国 ドイツ
起源 1900年代
初期のタイプ アナグマを追い立てる狩猟犬
現在のタイプ コンパニオン
寿命 14~17年
体重 ミニチュア 4~5kg
スタンダード6.5~11.5kg
体高 ミニチュア・スタンダード13~25cm

お手入れ

いろいろな種類のダックス。お手入れもいろいろ長くて繊細な毛の持ち主のロング、お手入れが難しいワイヤー、お手入れは簡単なものの抜け毛が多いスムースの3種類。死毛がたまると病気の原因にもなるので、お家でのブラッシングもこまめにしてあげましょう。

スムースヘアードは体臭も少なく、被毛の手入れも簡単ですが、ロングヘアードとワイヤーヘアードは毎日ブラッシングやコームを使って毛すきを欠かさないようにします。耳やしっぽの毛をとかし、毛並みをととのえます。

コートのケア

ミニチュアダックスのカットスムースヘアの場合の手入れは簡単で、時どき湿った布で全身摩擦を充分に拭けば充分です。ロング・ヘアの場合は、毎日のブラッシングとコーミングを欠かさないようにしましょう。ワイヤー・ヘアの場合は、プロのトリマーにトリミングの方法を教わる必要があります。

ミニチュアダックスフンドの歴史

病気にも注意昔のエジプトの寺院の壁画に胴長短足の犬が描かれていたり、ドイツの古代ローマ人の居住地跡からダックス フンドに似た犬の化石が発掘されていることから、非常に古い時代からダックスフンドに似た犬の種類があったと思われています。

バセットハウンドとダックスフンドは祖先が同じで、その後の繁殖によって大型を維持していたのがバセットハウンド、小型のものはダックス・フンドとわかれたものと思われています。そして1890年前に愛好家によってダックス フンドのクラブが設立され、さらに発展してきました。

性格と特徴

勇敢なミニチュアダックスフンドダックスフンドは生粋の猟犬で、驚くほど多芸多才です。地下で自分より大きいアナグマに戦いを挑み、追い鳴きをしながらハンターの射程に入るまで狩り立てます。また、調教次第では水中から獲物を拾ってきます。

甘ったれでやんちゃで剽軽な子ある時は甘ったれのやんちゃ坊主で、ある時は不適にかまえた一家のドンにもなります。いささか押しが強いところがありますが、ひょうきんなので許してしまいます。そしてひょうきんな中にも、どことなく哀愁を漂わせます。

ちょっとがむしゃらなダックスもともとは自分で状況を判断して狩るように仕込まれた犬なので、時にはがむしゃらな行動に出ることもありますが、犬自身の判断力を「頑固」「不従順」と早合点しないように気をつけましょう。

寒さに弱いミニチュアダックスフンド

暖房を忘れずに「ダックス」とはドイツ語でアナグマの意味で、短い肢は小さな穴に潜んでいる獲物を狩り出すのに最適で、アナグマ猟に活躍してきました。また、追跡も得意だったので、昔から重宝されてきました。

全般的にダックスフンドは寒さに弱いので、防寒対策が必要になります。注意点としては、背中が長く損傷してしまいやすいので、ベッドや椅子などから飛び降りないようにさせましょう。

長い胴の長所と短所

ヘルニアに注意しましょうアナグマ猟に使用されてきた「アナグマ犬」なので、小さな穴に潜んでいる獲物を狩り出すのに最適な短い脚や長い胴によって素晴らしい能力を発揮し、昔から重宝されてきましたが、その分椎間板ヘルニアになりやすいので注意が必要です。

ダックスフンドは肥満や過激な運動が原因で椎間板ヘルニアになるケースがよく見られます。そのほかには外耳炎などの皮膚病や、甲状腺機能低下症や副腎皮質機能亢進症になる子もいるので気をつけましょう。