どちらかというと細くて毛が少ない子が多いヨーキー。しかしそのぶん艶があって上品なイメージも。サラサラした感じを際立たせるためにおすすめなのはパイナップルヘアー。少し毛を梳くことによって「サラッと感」を出し、顎のラインはボリュームを維持して全身まんべんなく長さを整えます。

ショードッグよりも行動的な雰囲気が好きな人の場合はベリーショートがおすすめです。全身を短く刈ってしまうとヨーキーらしさがなくなってしまうという見方もありますが、顔部分だけ少し長く残してあげると上品さも失いません。

短いカットの長所はなんといってもお手入れのしやすさです。皮膚に疾患がある子の場合も毛はできるだけ短くするのが望ましいので、夏を中心にショートカットも楽しんでみてはいかがでしょうか。

カットギャラリー

最新おすすめカットスタイル

人気スタイルピックアップ

フルコート

ヨークシャテリアはお顔を丸くしたカットスタイルが流行していますが、本来のスタンダードなスタイルは毛を伸ばし続けるフルコートです。

ドッグショーで優雅に美しく歩く姿に魅了され、ヨークシャテリアのオーナーならば一度はフルコートに憧れるのではないでしょうか。

ヨークシャテリアはシルクのように柔らかく真っ直ぐな毛が特徴で、別名動く宝石と呼ばれるほどの美しい毛を持っています。

ドッグショーや犬種図鑑で見かけるフルコートを実現するには、毎日のブラッシングが必要不可欠となります。ブラッシングをする際はピンブラシを使い、毛が切れないように注意しながらお手入れをしてあげることが重要です。
丁寧に毎日ブラッシングしてあげることで、毛艶が出てシルクのような美しい毛を維持することが可能性となります。

ただ、トリミングを学んだオーナーでない限りは、毛を切れないように上手にブラッシングするのは難易度が高く簡単ではありません。
ブラッシングが難しい、しかしフルコートにも憧れる、そんな思いを実現してくれるカットがこれらの写真のカットです。こちらはフルコートに見えるカットスタイルです。
本来のフルコートであれば顔もボディも全て伸ばしていくのですが、これらのカットで伸ばしているのは顔だけです。

ある程度足のラインやボディのラインを出してあげることで、毛玉やもつれを予防することができます。
ヨークシャテリアは活発な犬種であり、遊ぶことや散歩が好きな子が多いのも特徴です。その為にも動きやすいカットスタイルにしてあげることはその子の為にもなりますし、お手入れの負担軽減にもなるというメリットがあります。

お顔を作る時に注意する点はトップを綺麗に結ってあげることです。
セットペーパーを使い、頭の毛を綺麗にまとめることで見栄えが美しくなります。セットペーパーの上にリボンを付けることでエレガントな雰囲気にもなります。
口に入る毛は、テディベアカットをする時と同様にしっかりカットしてあげることで清潔さを保つことができるので、舌を切らないように気をつけながらカットをしてあげるといいでしょう。

ヨークシャテリアと暮らす

ヨークシャテリア豆知識

原産国 イギリス
起源 1800年代
初期のタイプ ネズミ捕り
現在のタイプ 愛玩犬
寿命 13~14年
体重 2.5~3.5kg
体高 22.5~23.5cm

庶民の家屋を荒らすネズミを捕るために誕生したヨークシャ テリアは、世界で最も人気のテリアの一頭

1800年代の初頭に、ヨークシャのウェスト ライディング地方で鉱山労働者たちのネズミ捕りや民家の家にいたずらをするネズミを捕るために誕生したヨークシャ テリアは、世界で最も人気のあるテリアで、ブラック アンド タン テリアに、ペーズリーテリアとクライデスデール テリアとマルチーズ、さらにはダンディー ディンモントをかけ合わせて誕生しました。

ヨークシャテリアの歴史

ヨークシャテリアのもとになった一頭のクライデスデールテリは、スカイテリアによく似ていますがもっと小型で、現在では絶滅した犬種です。色を美しくするためにブラックアンド タンテリアのブルーの血をもらい、スカイテリアとマルチーズからは長い絹のような毛をもらいました。そしてパーティの毛色のもとはダンディーディンモントです。このようにさまざまな犬の種類の組み合わせで生まれました。

いちばん最初のころのヨークシャテリアはまだ小型ではありませんでしたが、流行に応じた形で小型化が進められました。ヨークシャより小さな犬との交配が頻繁に行われ生まれてくる子には結構差がありました。

ヨークシャテリアは、1862年に一度ブロークン ヘアード スコッチ オア ヨークシャ テリアと名づけられましたが、犬種名が長すげて定着しなかったので、1870年頃にヨークシャ テリアに改名されました。 飼いやすいだけでなく、上品で可憐な容姿で陽気なヨークシャ テリアは世界中に広まっていき、今日ではヨーキーという愛称で呼ばれ、最も人気のある犬の一頭になりました。

毛色

毛色は背と尾はスチールブルーで頭部、胸部、趾はゴールドです。

出産と子犬

通常3頭位の子犬を産みます。体の小さい母犬の場合は難産になることがよくあります。新生児は毛色が黒ですが、成長とともに変わっていきます。

性格・しつけかた

ひとなつっこく、よくじゃれるヨークシャテリアは、犬が持っている長所をほとんど兼ね備えた小型犬です。イギリスだけでなくヨーロッパの他の地域や北アメリカでも相当な人気があります。可愛いすぎるあまりに手に入れた瞬間から甘やかしてしまっては大人になってからが大変です。ごく稀におとなしい犬がいることはいますが、そうした犬は少数派です。一般的なヨークシャテリアは、その小さな体からは想像できないほど精力的な種類なので、きちんとしつけないととても騒がしくなってしまいます。

おしゃれなのでついついアクセサリーのように思われがちですが、もともとはとても粘り強く強情な気質なので、きちんとしつけをすることによって立派で頼もしくて可愛らしい愛玩犬となってくれます。

とはいうもののとても寂しがり屋さんなので、ひとりで留守番させておくと、寂しさのあまりいたずらをすることもしょっちゅうです。老人の方など、いつもそばに一緒にいて可愛がりたい人にはうってつけのペットといえるでしょう。

子供やほかのペットともすぐに仲良くなれます。また、責任感も結構あるので番犬にも適しています。

おていれ・運動

ショー用の犬の場合、長いトップノットはふだんは頭部の中心にまとめリボンで結んだり、コートには専用オイルをつけてシルクペーパーにラッピングしておくようにするなど結構こまめな手入れが必要です。

ショー用の犬でなくてもコートを綺麗に保つためには毎日のブラッシングと定期的なプロのグルーミングが必要となります。シャンプーを家で行なう場合は冷えを避けるために、ドライヤーで素早く乾かしてあげます。

運動に関しては、室内で自由に動きまわることができる状態なら特別にさせる必要はありません。また、天気の悪い日などに無理をして散歩に行くのは、かえって体調を崩す原因にもなります。

おすすめのお手入れ方法

ショードッグスタイルのヨーキーショー用の場合、長いトップノットはふだんは頭部の中心にまとめリボンで結んだり、コートには専用オイルをつけてシルクペーパーにラッピングしておくようにするなど結構こまめな手入れが必要です。 ショー用でなくてもコートを綺麗に保つためには毎日のブラッシングと定期的なプロのグルーミングが必要となります。シャンプーを家で行なう場合は冷えを避けるために、ドライヤーで素早く乾かしてあげます。

ブラッシング

ヨークシャテリアのブラッシングには、ピンブラシ・スリッカー・コームを使用しますが、スリッカーは肌を痛める危険性があるので、毛の細いヨーキーにはピンブラシがおすすめです。
ピンブラシの役目は、もつれや中に入っている無駄な毛を取ることです。ムダ毛は奥まで入っているので地肌から毛先までしっかりとすいてあげましょう。
ある程度ほつれが取れたらコームで細かな部分をとかしてあげましょう。

脇の下は毛玉になりやすいので念入りに

全身を適当にブラッシングするのではなく、もつれやすい脇の下やおなかは特に入念にお手入れしましょう。一度毛玉になるとなかなか直りません。トリミングサロンでカットしてもらう際にも「毛玉がある場合は別料金」となるお店がほとんどなので、余計なお金がかかってしまいます。