トリマーかっしーのトイプードルカット講座【第4回】

こんにちは!かっしーです♪ トイプードルに大人気のテディベアは、少し形を変えるだけで印象がとても変わります。
今回ご紹介するマズルが三角のカットは、上品で大人っぽい印象に!

さらに、お口周りや目回りなどの汚れやすい部分がすっきりするので、お家で汚れてしまってお手入れが大変・・・。というお客様にピッタリです。
お悩みをしっかり聞いて、コンプレックスを補ってあげましょう!

目周りのカット

ヒゲカットは済ませてあります。
ストップに△を作ります。 プー顔の時と同じで、おでこが下がらない支えになります。

目にかかる毛をカット。
目の上もお山型にカットします。これも目の上の毛が伸びてきた時に下がってこない為の支えになります。
目にかかる毛をカットする時は、ハサミを奥に倒さないように、目と同じラインでハサミを入れます。

おでこ・スカル

おでこを少しだけ作ります。
先程カットした目周りを繋げて球体を作るイメージでカット。しっかりとスウェルを意識して立体的になるようにしましょう。
濡れた毛が鼻にくっつかないように、鼻の頭の毛1列をカットします。

リップライン

舌が出てきてもすぐに対応できるように、指でガードしながらカットしています。
口の中に毛が入ると衛生的に良くないのでしっかりと切りましょう。大体鼻と同じ幅か、少し広めまでカットするとイイ感じです。
マズル上はしっかりコームで立たせてまっすぐ平行にカットします。
目が隠れない長さがベストです。目元に向かってコーミングして、出てくる毛をまっすぐカット。 ストップとマズルの間には1cm弱の隙間を作ると立体感ができます。

スカルから作っていきます。
まずは顔の横からカット。

角度の詳細
上に向かって広がるように、角度をつけてカットします。

幅は目尻から1cmくらいか、もう少し狭めでもスッキリします。
耳の前はかなり短めに、フェイスラインは体に繋げます。

目の上の角を丸く繋げます。右側も同じようにカットしましょう。
私は右利きなので、よく難しい左側を先に作って、やりやすい右側で合わせています。それでも左側はよく手直ししますが…
左右対称のカットは難しいですね(汗)

スカルを丸くカットします。
横顔を角度をつけてカットしたので、その広がりを殺さないように、ちょっと大きめのスカルにします。
あまり大きさを変えようとせず、このまま丸くするくらいでOK!

後頭部

うつむいてもらって、後頭部をカット。
まずは耳栓を決めます。耳の軟骨より上がベストです。耳栓を入れる時は繋がるように、浅くハサミを入れましょう。
耳位置を高くすると、元気な可愛らしい印象になります。
大人っぽくしたい時は耳位置ではなく、耳の長さを長く変えるとGood!
耳栓・体の長さと自然になるように、後頭部を繋げていきます。

うつむいた状態でまっすぐカット。
丸く繋げましょう。
いろんな角度から確認しながら整えていきます。耳を上げると頭が動いて形も変わるので要チェック!
お家で名前を呼ばれた時など、耳を上げて嬉しい反応をします。そういった場面も想定して、形を作っていきましょう。

マズルのカット

マズルのカットに入ります。
毛の流れに逆らわないように、鼻を中心に放射線状にコーミング。
顎下はかなり短くしたいので、しっかり立たせてカットします。
3mmくらいまでなら体と同じバリカンで持つ部分だけ残して入れてしまいます。それくらい短くてOKです。
唇の重なる部分は汚れやすくあれがちなのでしっかり切ります。マズル下側も平行にまっすぐカットしましょう。

鼻から下の毛を下に向かってコーミング。少しうつむいてもらって、鼻から出ている毛をカット。そこから丸く繋げていきます。

マズル横下をカットします。鼻の一番広い高さまで切り上げます。

マズルの横したの説明
鼻の一番広い所=マズルの一番広い所

リップラインもかなり短く、顔の横も切り込めて目周りもスッキリできるので、汚れやすくてお手入れがしにくいとお悩みの方にぴったりです♪

マズル横上をカットします。マズルの形は三角をイメージして、整える程度で十分です。 ここを取り過ぎてしまうと、三角にならないので注意しましょう。
いろんな角度から確認しながら、形を作っていきます。

仕上げ

顎下をカットします。

最後にカーブやボブで整えます。
ふんわりさせたい時はこの工程は必要ありませんが、私はピシっと揃ったカットが好きなので、お好みでカットしてみてください。

完成!
※お耳がカット前なのでガタガタです(汗)

おネムな場面も何度かありましたが、頑張ってくれました♪

(詳細は動画をご覧ください)

かっしープロフィール

かっしー
かっしーの記事一覧