ビションフリーゼのすっきりカット集

タイプ別カット集&講座

ビションフリーゼのすっきりカット講座

アフロ犬のモデルにもなったビションフリーゼ。それからも分かるように、代表的なスタイルはアフロのようなまんまるのカットです。
体もふわふわにカットされているスタンダードがドッグショーでは定番となっていますが、ペットとして飼われているビションフリーゼは、なかなか維持するのが難しいでしょう。
そこで今回は、すっきりしたスタイルをご紹介!「テディベア」「すっきりビション」「マッシュルーム」の3種類をピックアップしました。

テディベア

ビションフリーゼといえばアフロスタイルですが、思い切ってテディベアにしてみてはいかがでしょうか?
アフロスタイルはどうしても耳の後ろなどが毛玉になりやすいですが、テディベアなら毛玉になる心配はありません。お手入れもしやすくなって、ワンちゃんも飼い主さんも負担軽減に!

すっきりビション

こちらはスタンダードなビションフリーゼカットをペット向けにアレンジしたスタイルです。
体を長めのバリカンで刈って、顔は小さめのアフロに。耳を小さくカットして、顔を大きめのテディベアにしてもアフロ風に見えます。
体のバリカンの長さは10mmくらいがおすすめ。手入れしやすくふんわり感も残ります。
足先や指先にバリカンを入れて足の毛を上からかぶせれば、見た目を変えずにお手入れのしやすさがアップします。
もちろん隠さずに足を出すのも可愛いですよ。ただ、つるつるの足先は好みが分かれるので、事前に家族に相談しておいた方が良いかもしれません。

マッシュルームカット

こちらは前述2スタイルの中間のような雰囲気です。口周りはテディベアのようにすっきりしていて、頭と耳が繋がっていてキノコのように見えるスタイルです。
少しすっきりしているのでお手入れしやすいですが、耳の後ろは毛玉になりやすいので、こまめにブラッシングしましょう。
鼻が短い子は横から見たときにも丸く見えるので、よく似合います。アフロまではできないけど、雰囲気は近づけたいという方におすすめです!

ビションフリーゼのすっきりスタイル、いかがでしたか?スタンダードなスタイルは難しくても、雰囲気を残したカットならペットで挑戦しやすいですよね。すっきりして毎日のお手入れを楽にしつつ独特の雰囲気を楽しみませんか?