マルチーズのすっきりカット集

タイプ別カット集&講座

マルチーズのすっきりカット講座

マルチーズは、鮮やかな毛色だけでなくさらさらな毛質もファンを多くしている要素のひとつです。そんな毛でも知らないあいだに毛玉になって苦労する話もよく耳にします。
毛玉ができることにより、トリマーさんだけでなく愛犬のストレスや負担にもなりますし、せっかくの鮮やかなコートが傷つく原因にもなります。

そういうわけで、毛玉になりにくく、快適に過ごせるすっきり系のスタイルをご紹介!「サマーカット」「ライオンカット」「シュナカット」の3種類に注目してみました。普段からのスタイルにはもちろん、夏にもおすすめです。

サマーカット

その名の通り、まさに夏を快適に暮らせるスタイル!全身を短めのバリカンで刈ってしまうので、物理的にも毛玉ができる可能性がなくなります。
お顔を丸くしたり、尻尾を長めに残したりすれば、お洒落感も同時に出すことが可能。ただ、普段からすっきり系で過ごしているワンちゃんは大丈夫ですが、寒い環境でロングからサマーカットに挑戦すると、その寒さで体調を崩してしまうことになりかねません。
また逆に、紫外線の強い季節は、毛が短くなることで直接肌に届いてしまうことになるので、夏をサマーカットで乗り切る場合、散歩などで外出するときには洋服を着せるなど、直射日光を避ける工夫をしてください。

ライオンカット

全身を短くしてしまうのが嫌だ、という飼い主さんにはライオンカットもおすすめ。ライオンのたてがみのように、首から胸にかけての毛をふんわりと残します。尻尾も、根元を短くして先だけナチュラルに残してあげると、ライオン感が増しますね!

体は、たてがみ以外は短く刈ってあるため、お手入れも簡単です。たてがみの部分は、好みによってボリュームを変えましょう。長めに残す場合はたてがみの部分だけでも良いので、ブラッシングしてあげましょう。

シュナカット

犬種を変えて、すっきりさせてしまいましょう!頭と頬のあたりは短く刈って、マズルの毛だけを残すスタイルです。
マズルの毛は丸くカットしても良いですし、ナチュラルに伸ばしてダンディな雰囲気に仕上げるのも良いですね。口周りは食事の際にどうしても汚れてしまうので、食事後に拭き取る習慣グセをつけましょう。

おすすめのカットスタイルのご紹介、いかがでしたか?
短く刈り込むことで毛玉が発せししにくくなり、ブラッシングなどのお手入れ頻度を減らすことができるので、ワンちゃんはもちろんパパ・ママさんの負担軽減に結びつきます。
散歩に行って汚れてしまったり、葉っぱなどが付いてしまった時にも、簡単にキレイにすることができます。頻繁にお散歩する方は、暑くなりかけの時期にぜひ挑戦してみてください!