ミニチュアシュナウザーのすっきりカット集

タイプ別カット集&講座

シュナウザーすっきりカット講座

ある程度毛が伸びると自然に抜けていく犬種とは違い、殆どの毛が抜けずにゴージャスなスタイルが楽しめるシュナ。その分抜け毛が少ないのが特徴です。
とはいえ毛が伸び続ける分、毎日の手入れが大変という方も多いとよく耳にします。シュナウザーらしさを残しつつ普段のケアの労力が軽減するスタイルがあったら最高ですよね。
今回は「全身バリカン仕上げ」「マズルまん丸カット」「お耳すっきりカット」の3つをご紹介します。

全身バリカン仕上げ

その名の通りワンちゃんの体をすべて刈ってしまうスタイルです。首から下をすべて刈ります。尻尾は眺めに残してもいいですし、体と同じように短く刈ってしまってもいいでしょう。
バリカンの長さにも種類があり、一番短いと0.5mm~1mm、長いと10mm~16mmなどがあります。すっきりさを重視するなら5mm以下、ふんわりした触り心地が良ければ8mm以上の長さが良いでしょう。
長めのバリカンにした場合、脇などの毛がこすれる部分は毛玉になることがあるので、部分的にブラッシングしましょう。短いバリカンを選んだ場合は、直射日光を避けるために、外出するときは洋服を着せるなどの対策をしてあげましょう。

マズルまん丸カット

こちらはシュナカットをベースに、マズルを丸くカットするスタイルです。
シュナカットは、顔は短く刈ってひげを長く残します。しかしその長いひげは汚れやすかったり、毛玉になってしまったりします。
そうならないためには、ひげを丸くカットするのが効果的です。好みによってマズルの大きさも調整しましょう。眉毛をふんわりと丸く作るのも、合いますよ。

お耳すっきりカット

断耳している子もしていない子も、耳をすっきりと刈ることでスマートな印象になります!
断耳している子は、顔をシュナカットにして耳を刈ると良く似合うでしょう。断耳していない子は、マズルまん丸カットやテディベアカットと組み合わせてみるのもおすすめ。
今までのカットを変えずに耳だけ刈ってみると、また違った印象になります。通気性が良くなるので、耳のトラブルを抱えている子にもおススメのスタイルです。

いかがでしたか?全身バリカン仕上げにしてしまうと味気ない、という方はお顔のカットで楽しんでみてもいいですね。
お手入れができないのに長さばかりにこだわると、毛玉を無意味に増やす原因になります。トリマーさんの負担にもなり、追加料金が発生するばかりか愛犬のストレスが増える要因にもなります。
すっきりしたカットでも組み合わせることでお洒落感も出てくるので、普段のケアが楽になるようにいろいろなカットにチャレンジしてみてくださいね。