豆柴風カット集

タイプ別カット集&講座

豆柴カット講座

ポメラニアンといえば、少し前に一世を風靡した「俊介くん」が有名ではないでしょうか?名前くらいは聞いたことがある人も多いと思います!
とっても可愛い俊介くんに憧れて飼い始めた、という人もたくさんいることでしょう。そんなポメラニアンですが、カットしないでシャンプーだけでも大丈夫ですが、意外と色々なカットを楽しめる犬種なんです。その中でも今回は、豆柴カットについてご紹介したいと思います。

豆柴カットの特徴・注意点

柴犬はポメラニアンと比べて毛が短いですが、ポメラニアンの毛を短くカットすると豆柴や柴犬の子犬のように見えることから、「豆柴カット」「柴犬カット」と呼ばれるようになりました。
冬はシャンプーだけでふわふわにしているポメラニアンも、夏には豆柴カットにして涼しく夏を越そう、という飼い主さんも多くいらっしゃいます。
ただワンちゃんによっては、短くカットしたことで気温の上下に対応しきれず、体調を崩してしまうことがあります。また、皮膚に直射日光が当たりやすくなるため、皮膚の状態が悪くなる場合があるので、散歩の時だけでも洋服を着せるなどの対応をすると良いでしょう。

また、バリカンを使って毛を短く刈ると、毛が伸びなくなったり毛質が変わるといった症状が稀に報告されることがあります。詳しい原因は解明されていないため、もし心配な場合はトリマーさんに相談して、ハサミでのカットをお願いしてみましょう。バリカンほど短くはできませんが、長さの微調整はしやすいです。

ポメラニアンはダブルコートといって硬くて太いオーバーコート(上毛)と細くて綿のようなアンダーコート(下毛)の、2種類の毛で構成された毛を持つ犬種です。
オーバーコートには外部の刺激から皮膚を守る役割があり、アンダーコートには保温や保湿の効果があります。
アンダーコートは換毛期(夏前と冬前)に自然と抜け落ち、ワンちゃん自身で量を調整します。しかし、抜け毛をブラッシングなどで取り除いてあげないと、毛玉の原因になってしまうことも。

お手入れラクラク

豆柴カットにして毛を短くしておくことで、ブラッシングなどのお手入れも楽にできる効果があります。こまめなブラッシングが難しいという飼い主さんは、短くしておくことで手入れの負担とワンちゃんへの負担、両方を軽減できて一石二鳥かもしれません。

初めて柴犬カットに挑戦するときは、愛犬がどんな姿になって帰ってくるか楽しみですよね。カットのオーダーをするときには写真などを持って行くと、飼い主さんとトリマーとの長さのイメージが近づくので、ぜひお気に入りの写真を探してみてください。
愛犬の、今まで見たことのない新しい可愛い一面が、見つかるかもしれません!