ヨークシャテリアのゴージャスカット集

タイプ別カット集&講座

ヨークシャテリアのゴージャスカット

動く宝石とも呼ばれる「ヨークシャーテリア」。絹のようにツヤがあり、細くしなやかな毛は、上品な雰囲気を醸し出しています。
今回は、それを強調してくれる、ゴージャスなカットをご紹介。今回は「飾り毛スタイル」「トップノット」「フルコート」の3種類に注目して、ご紹介したいと思います!

飾り毛スタイル

ヨーキーは全身の毛が伸び続ける犬種です。それを生かして飾り毛を伸ばし、お手入れのしやすさと上品な雰囲気を両立したカットにしてみませんか?
特に大きく印象が変わるのが、耳の飾り毛です。体をすっきりとカットしていても、耳の飾り毛があるのとないのでは、雰囲気が全く変わります。
若い頃は毛量が多いワンちゃんでも、年を重ねてくると毛量が減ってくることがあります。そんなときも、耳などの飾り毛を残したスタイルにすると、若々しい雰囲気も出るのでおすすめです。

トップノット

ヨーキーを飼ったら一度は挑戦してみたいスタイルとして多いのがトップノットではないでしょうか?頭の毛を伸ばして、結ぶスタイルです。
こまめなしばり直しと、ブラッシングが必要になりますが、細い毛のトップノットはとてもキレイです。お気に入りのリボンを付けたり、洋服と合わせてコーディネートしたりしても楽しいかも!
長く伸ばしすぎると口に入ってしまうことがあるので、ちょうど良い長さで調節しましょう。
ワンちゃんが高齢になると頻繁なお手入れが負担になることがあるので、若いうちにトップノットに挑戦して、年を重ねたらお手入れの頻度を少なくできるスタイルにチェンジしてあげると良いでしょう。

フルコート

ヨークシャーテリアの魅力を最大限に引き出してくれるのが、フルコート。鼻先から尻尾まで、すべての毛を地面に着くくらいまで伸ばします。ペットでフルコートのワンちゃんはなかなかいないので、注目されること間違いなし!
顔だけ丸くカットして体を伸ばしたり、地面に着くほどでなくても、少し長めにしてフルコートの雰囲気を楽しむのもいいかも。
フルコートは、ラッピングといって、専用のペーパーを使って被毛を保護したりとこまめなお手入れが必要になります。
また、フルコートに対応しているサロンが少ないという点も注意しましょう。事前にフルコートに対応しているかや、トリミングの料金について確認しておきましょう。

ヨークシャーテリアのゴージャススタイル、いかがでしたか?少し長くするだけでも上品な雰囲気になるので、まずは一部分からでも挑戦してみるといいでしょう。