モヒカンリーゼントが決まったシュナウザー

たてがみとの組み合わせでよりワイルドに

シュナウザーは可愛いらしいカットからワイルドなかっこいいカットまで様々なスタイルが似合う犬種で、デザインカットや個性的なカットを楽しむ事ができます。

可愛らしさを出したいのであればまつ毛を伸ばしたり、マズルの毛をふんわり丸く作ったりトップを伸ばしたりすると良いでしょう。
逆にかっこいい雰囲気にするにはモヒカンやリーゼントがぴったりです。こちらの写真のれおりおちゃんはリーゼント風にカットされており、ワイルドな雰囲気が出ています。
またそれだけでなくさらなるアクセントとして背中にたてがみも作られています。モヒカンリーゼントヘアとたてがみを組み合わせることでより個性的でワイルドな雰囲気が出ています。

カットの方法

普通のシュナウザーカットをする時は頭にバリカンをかけ、口ひげになる部分を残しますが、リーゼントを作る時は頭の全体にバリカンをかけないようにします。
目頭と目頭の間の幅を目安にして作っていくとちょうど良くなるので、毛を残す部分以外にバリカンをかけていきます。耳の毛も一緒にバリカンで短くした方がこのスタイルには似合います。

頭にバリカンをかけたら目周りの余分な毛もバリカンで落としていきます。目周りにバリカンの振動が伝わると嫌がってしまう子も多いので特に気を付けて作業をしていきます。
また、目にバリカンが入ってしまうと大怪我になってしまうのであまりにも嫌がる場合は保定をしてもらった方が安全です。

より格好良くするために

口ひげ部分は、鼻先から出てる毛と口の中に入ってしまう毛を最低限カットし、その他の部分は長くなるように揃える程度にしておきます。
ここで口ひげに丸みを付けてしまうとかっこよさが減ってしまうので丸みは付けないようにしましょう。モヒカン部分も切りすぎてしまうとワイルドさが減ってしまうのでそろえる程度にしておきます。

背中のたてがみを作る時は、頭に作ったモヒカンの幅に合わせてバリカンをかけていきます。背中のたてがみも短くしてしまったり丸みをつけてしまうと貧相になってしまうので多めに毛を残します。(トリマー・sakura)

人気スタイルカット講座