全身短くしたシュナウザー

短くすることの利点

シュナウザーといえばしっかりとした筋肉が特徴の犬種です。ドッグショーや犬種図鑑で良く見かけるスタンダードなシュナウザーカットでも筋肉を強調するために、ボディと足の筋肉が目立つ部分をプラッキングしています。

シュナウザーのスタンダード風のカットでもプラッキングをしているラインと同じ部分にバリカンをかけていきます。

こちらの写真のジーク君も一見シュナウザーカットかと思いきや、少々違う点があります。
それはアンダーの毛を残していない点です。
通常のスタンダードカットのアンダーの毛は短くせずにハサミで整えています。しかし、ジーク君のカットではボディ全体を短めにしています。
ボディを全体的に短くすることによって夏の暑い時期を涼しく過ごすことができます。また、アンダーに毛を残すとトイレをした際にアンダーの毛が汚れてしまうことがあります(特に男の子に多いです)。

トイレ後に尿で汚れてしまうと、その部分が変色してしまったり毛玉になったりしてしまいますが、短くカットすることによってこのようなトラブルも防ぐことができます。

カットの方法

ボディと足の境目はスキバサミで馴染ませて不自然にならないようにつなぎ目を整えます。そして足はスタンダードなスタイルよりも短めになるようにカットしていきます。

足は円柱のような形になるように角をしっかりと落としチッピングをしていきます。シュナウザーは毛が柔らかくプードルのように揃いにくいのでチッピングが重要です。
身体が全体的にスッキリとした印象なので、マズルをふっくら残してあげることで可愛らしさを残すことができるのと、貧相な仕上がりになりにくくなります。

マズルの形はオーナーの好みでアレンジができます。スタンダードのようなかっこよさを出したいのであれば真正面から見た時に長方形にカットすると良いでしょう。

ジーク君はふんわりと丸い可愛らしいマズルに仕上がっています。耳と頭は身体の長さに合わせてカットしてあげることで全体的にスッキリとした印象となりますし、夏も過ごしやすい涼しめのスタイルとなります。(トリマー・sakura)

人気スタイルカット講座