左上のまりあちゃんのカットはトップノットが際立つ可愛らしいカットですね。このようなトップノットを作っていくには頭の毛を伸ばしてく必要があります。

コーミングが重要

トップノットを作る際の注意点は頭を結う前にしっかりとコーミングをすることです。しっかりすることで毛がまとまり、結いやすくなります。

分け目を左右対象にし、丁寧に毛をまとめ、細いゴムで結います。ゴムで結う時に毛を引っ張りすぎてしまうと目がつり目のように見えて顔が変わってしまうことがあるので注意が必要です。
また、引っ張りすぎてしまうことで皮膚が赤くなってしまうこともあるのでたるみ過ぎず、引っ張りすぎないちょうど良い所で結うのが理想的です。
細いゴムで結った後に上からリボン付きのゴムで結ってあげることで可愛らしく仕上がります。この時使用するリボンは大きめのリボンの方がよりゴージャスな雰囲気になります。

女の子っぽくするには

耳の飾り毛は前の方に垂れ下がるように残してあげることで写真のようにより女の子らしさを出すことができます。また、耳先を丸くカットすることで若々しさや、可愛らしさを出すこともできます。
耳先を丸くする際は耳のふちをしっかりと指で抑え耳にハサミが当たってしまわないように気を付けます。
この時は仕上げバサミよりもボブバサミを使用した方が怪我のリスクが低くなるため安全です。
トップの毛や耳の飾り毛はカットせずに残しますがメリハリを付けるために顔の輪郭やマズルはしっかりカットします。顔やマズルまで伸ばしてしまうと全体的にぼんやりとした仕上がりになってしまうからです。
ただ、マズルを小さくしすぎてしまうと女の子らしさが減ってしまうので注意します。写真のようなまん丸なマズルが理想的です。

ヨークシャテリアはトイプードルのように揃えやすい犬種ではありません。そのため、ハサミの跡が残らないように梳きバサミを使用した方が良いでしょう。
マズルはふんわり残しますが、他犬種同様口に入る毛はしっかりカットしてあげた方が見栄えも良いですしお手入れもしやすくなります。