愛犬の耳、しっかりケアしていますか?
チワワは立ち耳のため、垂れ耳の犬種よりは汚れがつきにくくお掃除もしやい犬種ですが、汚れが溜まりにくいがゆえに放置して炎症を起こしてしまったりするケースも多いようです。

そこで今回はチワワの耳ケアについてご紹介していきます。(コジコ)

必要なもの

まず耳掃除の頻度ですが、チワワの場合は汚れがつきにくいので毎日耳掃除をする必要はなく、耳は非常にデリケートな場所でもあるため、多くても週に1回程度にとどめておきましょう。

次に耳掃除に必要なものですが、「コットンor脱脂綿」「イヤークリーナー」の2点があればOK。
綿棒を使っている方も多くいますが、綿棒は耳の中を傷つけてしまったり奥の方まで触ってしまう危険性があるのでなるべく使用しない方が良いでしょう。
私は化粧水の時に使うコットンを愛用しています。

清潔に保管されたコットン

耳掃除の手順

それでは、耳掃除のやり方を説明していきます。

  1. まずゆっくりと耳の中を覗き汚れをチェックします
  2. コットンや脱脂綿にイヤークリーナーを少しつけて耳の外側の汚れをゆっくりと拭き取っていきます。汚れがこびりついている時は一気に汚れを取ろうとしたり、ゴシゴシと摩擦しないように気をつけましょう。
  3. 耳の奥は綿棒などを使わずに、イヤークリーナーを数滴耳道内に注ぎ、外側からクチュクチュと揉み込みます。
  4. ブルブルと愛犬が耳を降るとイヤークリーナーと耳垢が一緒に出てくるのでこっとんで優しく拭き取ります。
  5. ご褒美にたくさん褒めて、おやつなどを与える。
耳の穴を見てチェック

嫌がられずに行うポイントは、デリケートな場所なので優しく拭き取ってあげること。嫌がるようだったら無理にせずに片耳ずつ行ったり、少しずつ綺麗にしていきましょう。

犬の耳の汚れは放っておくと、外耳炎になったり耳ダニ感染症になる危険性があります。
しきりに耳を掻いていたり、後ろ足で引っ掻いていたり、頭を振るなどの仕草を繰り返している場合は、一度耳の中をチェックしてみてださい。

もし、耳が汚れすぎていたり、耳掃除をしても症状が収まらない場合は、病院で診てもらうのも良いかもしれません。特に、梅雨のジメジメした時期や夏などの暑くて蒸している時に菌が繁殖しやすいので気をつけましょう。

愛犬の耳ケアについてご紹介してきました。犬の聴覚は人間の2倍とも言われており、日々耳を駆使して生活しています。大切な耳を病気にさせないためにも、日頃からしっかりと自宅でケアしていきましょう。