これまではただ単にハサミでカットするだけだった犬のトリミング技術は、どんどん進化していき、近年はパックや炭酸泉、さらにパーマやエクステ・カラーリングなどを提供するトリミングサロンも当たり前のようになってきました。

ハートの作りかた

上の写真のなかで、見事なハートのれいなちゃんにもお洒落なカラーリングが施されています。

こちらのカットはまず、ボディに大きなハートを作ります。この時、ハートを際立たせるためにハート以外の部分にはバリカンをかけます。バリカンをかけた方が毛の長さのメリハリが出るのでハートが特に際立ちます。

だいたいのハートの形を作った後に、いよいよカラーリングをしていきます。ワンちゃんは動いてしまうので、カラーリングは2人で行うことをオススメします。
1人で行うと、染めたくない部分にカラーリング剤が付着してしまったり、染めたい部分を綺麗に染めることができなくなってしまうことがあります。

カラーリング剤を染めたい部分にたっぷり塗布したら、5分~10分ほど置いてカラーリング剤を浸透させます(置く時間は薬剤によって変わります)。綺麗に染め上げる為にラップを被せて、ドライヤーで温めるのもオススメです。
指定の時間が経過したらしっかりシャンプーとトリートメントを行い、薬剤を洗い流します

シャンプー、ブローが終了したらいよいよハートを綺麗な形に仕上げていきます。ハートなどのデザインカットをする時は立体感が重要となります。
しっかりとコーミングをして、丁寧にチッピングをし、カットしていきます。ハートなどのデザインカットにはブーツスタイルが似合います。
ストレートな足の形よりもブーツ・ベルボトムの方が、よりお洒落なエレガントな雰囲気を出せます。
尻尾も短くするよりは、長い尻尾を軽く整える程度にしておく方が、お洒落な雰囲気を出せます。デザインカットをする際の顔カットは短めのスッキリしたスタイルよりも少し長めのボリュームのあるカットの方が似合うでしょう。

上の写真のれいなちゃんも、ボリュームのあるお耳とふんわり仕上げたマズルがエレガントな雰囲気にぴったりと合っていますね。

カットスタイル別ギャラリー

レビュー・口コミは承認後反映されます。

レビュー・口コミを書く
1
2
3
4
5
送信
     
キャンセル

レビューを書く

トイプードルのカラーリング&デザインカット講座
平均評価:  
 0 レビュー