他のどの犬種よりも様々なカットが楽しむことでき、組み合わせによってはそのバリエーションは無限にあるトイプードル。左上の写真のくーちゃんも一見テディベアカットですが、耳の位置や耳のボリュームが特徴的なお洒落なカットです。

お耳を作ってお洒落魅せ

まず、耳の位置ですが、通常のテディベアカットよりも高い位置から耳が始まっています。本当に耳の位置が頭の上にあるわけではなく、カットスタイルによって耳付きの位置を高く見せています。

くーちゃんほどのボリュームまで伸ばすのには少々時間がかかりますが、ここまで伸ばしてあげると様々なお洒落なカットを楽しむことができます。

耳の位置を高くカットする時は、まず真正面から見た形を作ると楽にカットが出来ます。
耳の位置をしっかり決めたら、耳の形が半円になるように丸く立体感をつけてカットしていきます。
立体感をつけるにはハサミを細かく動かすと綺麗に立体的に仕上がります。カーブバサミを使っても良いでしょう。
耳の下の部分は少し短くしていきます。何故かというと、耳の上の部分の長い毛を下の部分の短い毛で支える為です。下の部分が長いと中々ボリュームが出なかったり、パラパラと毛が出てきてしまうからです。

マズルの大きさを活かす

くーちゃんのカットは耳の他にマズルにも特徴があります。
通常のテディベアカットよりも大きくて丸いマズルです。このような特徴のある子を仕上げる時は左右対称に特に気を付けてカットしてあげると、とても綺麗に仕上がります。

耳のカットの時と同じで、マズルの下部分は短めにカットし、上の長い毛をしっかりと支えられるようにします。
また、リップラインを綺麗にカットすることも忘れずに行いましょう。リップラインが残ってしまうと綺麗な楕円形のマズルには仕上がりにくくなってしまいます。

このような耳やマズルにボリュームを持たせたカットの時は、ボディもふんわりとしたスタイルが似合います。
全身バリカンなどのボディだと顔が大きくなりすぎてしまうのでオーナーとしっかりと話し合い、ボディの長さを決めていきます。(トリマー:sakura)

カットスタイル別ギャラリー

レビュー・口コミは承認後反映されます。

レビュー・口コミを書く
1
2
3
4
5
送信
     
キャンセル

レビューを書く

トイプードルの耳付き高めカット講座
平均評価:  
 0 レビュー